1. はじめに

 ┗1.1 本書について

 ┗1.2 コンテンツ管理システムとは

 ┗1.3 動作環境

 ┗1.4 操作の流れ

 ┗1.5 利用上のご注意

2. コンテンツ素材の注意事項

 ┗2.1 利用可能なフォーマットについて

 ┗2.2 PDF 素材の制作ガイドライン

 ┗2.3 動画素材の制作ガイドライン

 ┗2.4 素材の問題対応

3. 基本的な操作

 ┗3.1 ログインする

 ┗3.2 ログアウトする

 ┗3.3 パスワードを変更する

 ┗3.4 画面の見方

4. コンテンツを登録する

 ┗4.1 コンテンツを1つずつ登録する

 ┗4.2 コンテンツを一括で複数登録・配信する

5. 素材をアップロードする

 ┗5.1 素材管理について

 ┗5.2 素材を画面から登録する

 ┗5.3 素材を更新する

 ┗5.4 一度に大量の素材を登録する

 ┗5.5 登録済みの素材をダウンロードする

 ┗5.6 素材を削除する

 ┗5.7 素材の一括削除

 ┗5.8 アンケートを登録する

6. コンテンツを変更する

 ┗6.1 コンテンツを変更する

 ┗6.2 コンテンツを一括更新する

 ┗6.3 コンテンツを削除する

7. コンテンツをオーサリング(編集)する

 ┗7.1 オーサリングツールを起動する

 ┗7.2 オーサリングツールの概要

 ┗7.3 基本的な操作方法

 ┗7.4 素材を追加する

 ┗7.5 アクションボタンを追加する

 ┗7.6 Webページへのリンクを追加する

 ┗7.7 E-mailアドレスへのリンクを追加する

 ┗7.8 別ページへのリンクを追加する

 ┗7.9 写真を設定する

 ┗7.10 動画を設定する

 ┗7.11 音声ファイルを設定する

 ┗7.12 コンテンツ間リンクを追加する

 ┗7.13 テキストを挿入する

 ┗7.14 3Dアニメーションを追加する

 ┗7.15 HTMLコンテンツを設定する

 ┗7.16 アンケートを設定する

 ┗7.17 オーサリング(編集)内容をプレビューする

 ┗7.18 オーサリング(編集)内容をコピーする

 ┗7.19 オーサリング(編集)内容を一括でコピーまたは移動する

 ┗7.20 コンテンツを保存する

 ┗7.21 コンテンツのオーサリング(編集)を終了する

8. コンテンツを配信する

 ┗8.1 コンテンツを公開する

 ┗8.2 コンテンツを非公開する

 ┗8.3 コンテンツを再公開する

9. コンテンツの利用実績を見る

 ┗9.1 ログをダウンロードする

 ┗9.2 ログをグラフで見る

 ┗9.3 登録済みのコンテンツ情報を一覧で確認する

10. FAQ

 ┗10.1 FAQ一覧

11. 機能一覧

 ┗11.1 機能一覧

12. その他

 ┗12.1 マニュアル更新履歴

8.コンテンツを配信する

8.1 コンテンツを公開する

作成したコンテンツを、アプリケーションでダウンロードして閲覧する場合に設定します。

1 「コンテンツ一覧」画面で (公開)ボタンをクリックします。

「コンテンツ予約公開確認/プッシュメッセージ送信予約確認」画面が表示されます。


2 「公開期間」でコンテンツを公開する期間を設定します。

ヒント
・公開開始時間に過去の時間を設定することはできません。
・公開開始時間を空欄にした場合は、すぐに公開されます。
・公開終了時間を空欄にした場合は、無期限で公開されます。
・公開期間入力ボックスの右にある (カレンダー)ボタンをクリックすると、カレンダーが開きます。設定したい日付をクリックすると日付入力を行うことができます。


3 送信メッセージを入力する場合は、「メッセージを追加して送る」にチェックを付けて、メッセージを入力します。

メモ
・ 送信メッセージを入力してコンテンツを公開すると、スマートカタログアプリケーションにプッシュメッセージが送信されます。

・「設定」→「通知」→「Smart Catalog」でダイアログ表示に変更できます。(iOSの場合)


4 「公開」ボタンをクリックします。

「公開登録完了」画面が表示されます。

メモ
公開開始時間を指定しないで公開したコンテンツは、数分後にはアプリケーション内の新着コンテンツに表示されます。公開までにかかる時間は、公開するコンテンツのサイズによって異なります。公開可能なコンテンツの容量は4GByteが上限となります。


ヒント
公開登録完了後にアプリケーション側へ公開が反映されるまで、若干のタイムラグがございます。(コンテンツの内容によって異なりますが、数十秒から1分程度。) 公開処理完了後、アプリケーション側で手動更新を行う、またはサーバと自動通信が行われたタイミングでアプリケーションへコンテンツが反映されます。


● コンテンツを直接表示・ダウンロードするための URI を使用する

コンテンツの「アプリ起動 URI」を使用すると、スマートカタログ アプリケーションが起動していない状態でも、自動でアプリケーションを起動して、特定のコンテンツを表示、またはダウンロードすることができます。
尚、「アプリ起動 URI」はiOSアプリ、Androidアプリでのみご利用いただけます。

1 「コンテンツ一覧」画面で、 (コンテンツ変更)ボタンをクリックします。

「コンテンツ変更」画面が表示されます。

2 「アプリ起動 URI」の「コピー」ボタンをクリックします。

表示されている URI が、クリップボードにコピーされます。 コピーした URI は、メールの本文やカレンダーなどに貼り付けて利用すると便利です。

メモ
・コンテンツがダウンロードされていない場合、確認のメッセージが表示されダウンロードすることができます。
・コンテンツがダウンロード済みの場合、コンテンツが自動で表示されます。
・コンテンツが「公開中」ではない場合、「当該コンテンツは存在しません。」というメッセージが表示されます。コンテンツのダウンロード / 表示はできません。
・iOSご利用の場合、AppStore 版と inHouse 版のアプリケーションでは、URI が異なります。
<AppStore版>
  com.visuamall.smartcatalog://?cid=<コンテンツ No.>
<inHouse版>
  com.visuamall.smartcatalog.prv://?cid=<コンテンツ No.>

8.2 コンテンツを非公開する

公開中、公開終了のコンテンツを非公開に設定します。

1 「コンテンツ一覧」画面で公開されているコンテンツの (拡張)ボタンをクリックし、 (非公開)ボタンをクリックします。

確認ダイアログが表示されます。

2 「OK」ボタンをクリックします。

該当コンテンツは非公開になります。

8.3 コンテンツを再公開する

公開中のコンテンツをオーサリング(編集)したときは、再公開を行います。再公開を行うまでは、編集前の内容が配信されます。

1 「コンテンツ一覧」画面で、再公開したいコンテンツの (再公開)ボタンをクリックします。

確認ダイアログが表示されます。

2 「OK」ボタンをクリックします。

オーサリング(編集)情報が反映された状態でコンテンツが再公開されます。

・コンテンツに対して以下の変更を実施した場合、コンテンツの再公開が必要となります。
 ■ベースPDF(Office)または動画の変更
 ■サムネイルの変更
 ■オーサリングツールによるコンテンツ編集

それ以外のメタ情報の変更(コンテンツ名や公開先グループの変更など)については、変更を実施した直後に端末側へ最新の情報が配信されます。この時、コンテンツの再公開は必要ありません。但し、コンテンツ情報が更新されたことを表す「公開中」ステータスの点滅が起こりますので、必要に応じて再公開を実施ください。